2016y09m11d_124843760


断髪作品に登場する美容師や理容師は基本的にドSです。
お客様の希望と全く違う髪型をプロデュースして、大胆なカットを施します。
ドSな彼らが目指す所は、女性が一番似合っていないヘアスタイルにすることです。
お客の要望など一切考慮することはありません。
断髪スタイリストのノア氏の毒牙に掛かって、爽やかな男性営業マン風にされてしまったロングヘアの女性の嘆き。


タイトル 髪芝居vol.3 さちえ 

メーカー  髪芝居  
公開日 2011年12月9日
品番/内容 SLDKS-03 / 70分

2016y09m11d_125039997


断髪作品に登場する美容室や理容室に所属するスタイリストや理髪師は基本的にアーティストです。
そして彼らは時代にも社会の風潮にも女性の美意識にも関心がありません。
彼らが目指す美を追求することが断髪師たる彼らの仕事。
髪を切りに来た女性をいかに無様な髪型にするかを日がな一日考えています。
彼らの真のクライアントは、世界中に断髪マニアや剃髪フェチの人たちです。
断髪フェチや剃髪マニアの称賛を断髪師は追い求めています。
断髪フェチ質は断髪師にこう言います。
「もっと綺麗な女性を惨めな髪型にして、嘆き悲しむ様子を見たい!」と
クライアントと自らの美学に忠誠を誓う彼らは、女性の髪を断髪して呆然とした様子や泣き叫ぶ様子を撮影していきます。

2016y09m11d_125102777

 
断髪女子が惨めな姿になればなるほどに、断髪師の名声は上がっていきます。
今日も観客の為に新しい生贄を捧げてます。
今回の髪芝居の主役は丸い団子鼻と長い黒髪がチャームポイントのさちえさんです。
さちえさんは、ロングヘアからイメチェンして長い目のボブカットを希望していました。
長い目のボブカットは面長の女性が一番にあうヘアスタイルです。
ただし普通のボブカットでは、面長の女性には似合いませんから、前髪を長い目に残して顔の横幅を強調することで縦長のフェイスラインを隠すことです。

2016y09m11d_125115296

 
さらにボブカットは女性の顔を小顔に見せる効果があるそうですので、それもさちえさんは狙ったのだと思います。
断髪専門のドS美容師は考えました。
上手くボブカットを行ってしまえば彼女の希望通りに小顔になれるかも知れない。
しかし彼女に求められるのは可愛い小顔女子ではない。
爽やかなスポーツマンや男性営業マンの様なスキッとした短髪で耳も出した方が良い。
男らしい髪型にして女々しく泣いてもらえれば、断髪マニアの方々が満足する動画を撮影できる。
そう考えた彼女は表面上はさちえさんの希望を叶えるような思わせぶりなセリフを吐いて行きます。
それを鵜呑みにした彼女にとって、屈辱的なカットが始まります。
長い目のボブカットなのにベリーショートをするかのように派手にハサミで髪の毛を切られていきます。
床に落ちた毛髪の塊を見た彼女は不安になります。
この美容師は本当に私が望んでいたヘアスタイルにしてくれるのか?
そんな彼女の心情など興味もないとばかりに、美容師のハサミは絶好調です。
バシバシとさちえの豊富な黒髪が切り落とされていきます。
まさに断髪という言葉に相応しいはさみ捌きです。
気が付けばサイドの髪の毛は殆ど切られてしまいました。

 2016y09m11d_125135626

 
これでは面長の顔を隠すボブカットは出来ません。
彼女の表情は青くなっていき、もしかしたら失敗だったのかと思い始めます。
腕の良い断髪美容師の仕事は粛々と進み続けます。
気が付けば男性営業マンの様な爽やかな短髪の女性が誕生していました。
男であればそれほど問題の無い髪型です。
しかし彼女が望んでいたのは女の子らしいガーリーなボブカットで、愛され女子になる事でした。
だけども現実には全く似合わないベリーショート姿になっていました。
鏡に映った自分の顔に愕然としてしまいます。
後ろで美容師がニッコリと良い笑顔を浮かべています。

2016y09m11d_125142556

 
今日もドS美容師の仕事は絶好調です。
フェイスラインを隠す筈だったボブカットの代わりに耳を出されてやたらとフェイスラインが目立つようになってしまいました。
彼女のコンプレックスを思い切り曝け出す無情なヘアスタイルに彼女は顔に手を当てて泣き出してしまいました。
彼女の凛々しい男前な髪型と女々しい表情の落差が素晴らしいの一言。

 button_001