売れない地下アイドルさくらみみ、剃髪させられ落ち武者ヘアでの屈辱的なライブ。

2016y06m23d_221411441


地下アイドルにも商業主義の波には逆らうことが出来ません。
現役地下アイドルのさくらみみも同様で、自分がうCDを売り上げる義務(ノルマ)があります。
しかしながら、彼女はノルマを達成することが出来ませんでした。
そしてペナルティとして自慢の頭髪を剃り上げる羽目になりました。
それが彼女にとって、新しい方向性を見出すきっかけになれば、地下アイドルの世界に新しい風を吹き込み、停滞し切った芸能界にイノベーションをもたらす可能性があります。 

タイトル 現役地下アイドルさくらみみCD売上ノルマ達成ならず 落ち武者丸刈りスキンヘッド懺悔ライブの刑に処する。 


メーカー  First Star  
公開日 2015年12月1日
品番/内容 LOVE-231 / 120分



2016y06m23d_221358740


地下アイドルとは因果な商売です。
ノルマをたっせ出来なければ、スポンサーから、えげつない仕打ちを受けても逆らうことが出来ないみたいです。
きっとこのスポンサーは超が付くほどのドSだったのだと思います。
乙女にとって、自分の容姿を決定づける命の次に大事な碧の黒髪を処分する様子を眺めてオナニーする超絶的な変態スポンサーなのかも知れません。
もしくはこれからは剃髪頭のアイドルすなわち剃りドルがブレイクすることを確信している敏腕なプロデューサーなのかも知れないです。

2016y06m23d_221411441

 
美容室に連れ込んで、バリカンを見せて抵抗する地下アイドルの頬に強烈なビンタを1発。
女性に暴力を振るうとは何事かとお怒りになる人も居られるかもしれませんが。
それも彼女が立派なスキンヘッドアイドルになるために必要な試練と言えます。
アフリカのとある部族は、一人前の大人として認められるために自分の体を傷つけて、全身に特徴的な模様を刻み込むと聞きます。
切り刻まれる痛みは筆舌に尽くしがたいと聞きます。
それに耐え抜いて全身に刻み込まれた傷と模様が、一人前の男であり戦士として 部族に認められる唯一の方法で割礼の儀と呼ばれる儀式です。
これは地下アイドル界でも同じことが言えるはずです、女性にとって大切な髪の毛をすべて切って、剃刀で剃り上げて、青々としたスキンヘッドにすることは、精神的にも肉体的にも筆舌を尽くすほどの苦しみと痛みを与える事になりましょう。
しかしここで、泣いて止めてしまってはいけません。
彼女は地下アイドルから剃髪女性アイドル、剃りドルに生まれ変わるための割礼の儀なのです。 
すっかり抵抗する気力が無くなったのを確認してから、お仕置きのバリカンが彼女の頭頂部に当てられます。
ボロボロと髪の毛が落下していく様を絶望し切った表情で眺める彼女が良いです。
いまは辛いですが、苦しみを耐え抜いた先には世界中の剃髪マニアから絶賛される剃りドルに一歩近づけることが出来るのです。 

2016y06m23d_221417607


頭のセンターだけを剃髪させられて、すっかり落ち武者になった彼女。
オリジナルCDの売り上げ戦争に敗れた敗者に相応しい容貌に変えられてしまいます。
敗者には徹底的に屈辱を与えられるのも弱肉強食の芸能界の掟。
普通の美少女な地下アイドルとしての適性がなく、新しい方向性として剃りドルへ転向するために必要な式典ともいえます。

 2016y06m23d_221424357

 
普段着ているピンク色の可愛らしいアイドルの衣装を着せられて、東京の繁華街でCDが売れなかったこと、ペナルティに剃髪することになったことをカミングアウト。
剃りドルに求められる事は、世の中の男の恋人になる事ではなく、大多数の男や女に嘲笑され、一部の剃髪マニアのオナネタになる事で一世を風靡することを夢見る剃りドルになるために必要な試練です。 
その様子を見た聴衆がCDを買ってくれれば良い、アイドルの精神状態や名誉、これからの生活などは一切考慮されません。
そんなことで折れてしまうような軟弱な精神では、これからの剃りドルとしての活動に支障をきたします。

2016y06m23d_221445975

 
最後には全ての髪の毛を剃り上げられて、嫌がる彼女に対して強姦まがいのセックスを強要されました。
強姦やアダルトビデオに出演することは、剃りドルの重要なフィールドです。
何とも救われないお話でした。
しかしここから彼女が剃髪アイドルとして躍進することを我々は望んでおります。
貴方の見方は少ないかもしれないけれども、一定数のマニアは確実に応援してくれます。
大丈夫です、頑張ってください。

 button_001